温泉ペンギンは柵を作る

先日、沓石を据え付けた温泉ペンギンは、そこそこモルタルが固まったのを見計らい柵を取り付けた。

今まで草ボーボーだったのでそれなりに奥まっているように見えた庭だったが、きれいにしてみたら向かいのアパートの窓や出入口と向かい合い過ぎていたからである。

柵も一つ一つ水がたまらないようにトンガリアタマにして、木材保護塗料を塗った。

途中で保護塗料が無くなり、追加で買いに行ったお店に同じものがなく、なんかまだらな柵になってしまった。

「でも逆にこだわった感じがしていいかもしれないナ」と温泉ペンギンは思った。