【シェアハウスDIY】第2ペンギンは透湿防水シートを張る【@松本市浅間温泉】

◎第2期第2ペンギン荘修繕工事

長野県松本市の温泉街・浅間温泉にて元・置屋の建物を下宿を冠したシェアハウスにしてから1年。

1963年に建てられしばらく空き家だった建物は、まだまだ修繕するところがたくさんある。

第2ペンギンは昨年の修繕終了後、疲れ果て、癒しと冷をもとめて北海道に行っていたが、ついに第2期の修繕を開始したという運びである。

昨年は第2ペンギンと温泉ペンギンの二匹で修繕をしたが、今年は第2ペンギンとお絵かきペンギンの二匹での修繕だ。

約1年ぶりの修繕とあって、感覚を取り戻すため、とりあえずシェアハウスとして使っている母屋は放って置き、失敗してもまあそんなに関係ない小屋の修繕から始めている。

とりあえず見栄えが悪いと治安の悪化が懸念される・・・という理由だけで小屋修繕をしているので、無駄な資材は購入しないで直す、というのが最大の命題だ。

そんなわけで、タイベックシート(透湿防水シート)もアルミサッシ×8箇所もすべて別のところからもらってきたものを再利用している。

北側に張り付けた木サッシも別のところの解体で出てきたいらない資材である。

最近、こういうのが流行ってるんでしょ!?↓

的な半ば勢いで第2ペンギンは取り付けてしまった。

市井にあふれるオシャレなカフェとかにありそうな壁面になったような気もするが、なんか違う気もする。

でも、「っぽく」の範疇を出てDIYができない第2ペンギンの技術ではこのくらいのもんである。

 

先日は、スケルトンになって何とも頼りない小屋になってしまっていたが、ペラペラの透湿防水シートを巻きつけただけで、急に小屋感と安心感が出て、第2ペンギンは大変満足した様子である。

そして、布一枚で空間を作れるということのすごさに気が付き、

「テントってすごいなあ」

と思ったりした。

小屋はこれでとりあえず雨風はしのげるようになった。

失敗してもいい小屋修繕でちょっとDIYの感覚を思い出し、また、ちょっとこなれてきたので次回は土間の修繕をちょっと進めるつもりである。

まだまだ先は長い。

「先を見通すと疲れるから見通さないようにしよう・・・」

と第2ペンギンは思っていた。

一歩一歩修繕していくのがDIYの極意である。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」レトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。