【シェアハウスDIY】信州大学理学部ペンギンが手伝いに来てくれました!【@松本市浅間温泉】

◎第2ペンギン荘の工房、塗装工事はじめました!!

下宿を冠したシェアハウス「第2ペンギン荘」の修繕第2期工事。

今日は信州大学理学部に通う大学院生が手伝いに来てくれた。

第2ペンギン荘は長野県松本市の温泉街・浅間温泉にある1963年築の元・置屋(芸妓さんが住んでいた下宿のこと)をシェアハウスに改修して2020年にオープンした施設。

建物がよく言えばレトロ、悪く言えば疲れているのでまだまだ修繕が必要な部分があるのである。

第2期修繕”DIY”工事では工房・土間・小屋の3カ所の工事をメインでやっているが、小屋は先日終了し、現在は土間に注力しているわけだ。

 

塗装に先駆け塗ってはいけない部分にマスキングテープで養生を施す。

塗装工事は第2ペンギンよりお絵かきペンギンの方がうまいのでお絵かきペンギンの独壇場である。

それを信州大学理学部ペンギンが手伝ってくれている感じ。

↑↑↑は塗りかけの様子。

あまり色が変わった感じがしないが、防腐処理も兼ねているのでこんな感じでいいのである。

当初は天井を石膏ボードで仕上げようとしていたのだが、小屋ではじめて石膏ボードを施工して、ペンギンたちの技術力では無理であることを悟ったので、板を張っている。

壁は構造用合板オイルステイン仕上げ。

床も無垢フローリングの蜜蝋仕上げ。

そんなわけで、予定と違って全面木材というぬくもりあふれる空間になりそうである。

あと、土間の工事で残るのは細かい作業ばかり。

頑張れペンギンたち。

3月一杯が工期だ!

◎本日の現場メシ

ってことで本日の現場ごはん。

またもやペンギン荘の住民”ベジムーンペンギン”に作ってもらってしまった。

女子力高すぎ。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

下宿 第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」下宿を冠したレトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。