温泉ペンギンは食堂を完成させる

温泉ペンギンと第2ペンギンの努力はついに報われた!

食堂をついに完成させたのだ!

掃除から始めた食堂の改修。壁面塗装、照明改修から家具作りまで幾星霜の月日が流れただろう。

 

壁面塗装は塗料が吸い込まないようにシーラーで塗膜を作ろうと試みた!が!シーラーが染み込んで定着しないほどのスポンジ並みの壁だと知り、涙を流した。結局、上塗りを含めて6度も塗る羽目になって工程が遅れに遅れた!

ダイニングテーブルが無いのにテーブルの高さに合わせて照明を設置してしまったがために、第2ペンギンは日に数回シェードに頭をぶつけてコブのできない日はなかった!

材木屋さんに木材を取りに行くことから始めた家具作り。#40のやすりから#320のやすりまで。何度も何度も磨き上げ、シオマネキ(カニ)並みに右腕(羽)だけが太くなってしまった!

どれもこれも、食堂をステキにするための必要な苦労であったのだ。その努力もついに結実した!

温泉ペンギンと第2ペンギンはこの素晴らしき日に強く手を交わした。

「やった!」「やった!」

2人(羽)は出来上がったばかりのダイニングテーブルに深く腰を掛けた。優しい冬の日差しが差し込める中、彼らは在りし日を思い出し遠い目で外をながめていた。

 

※第2ペンギン荘は全部で10部屋あります。