【シェアハウスDIY】ペンギンたちはコンクリートを打設する【@松本市浅間温泉】

◎初めてのコンクリート打設@第2ペンギン荘

第2ペンギンとお絵かきペンギンは長野県松本市の温泉街・浅間温泉の地にて下宿を冠したシェアハウス「第2ペンギン荘」の第2期修繕工事をしている。

今日は待ちに待った(?)コンクリート打設DAYだ。

本当は午前中からやりたかったが、ミキサー車の予約の関係で午後からになってしまった。

ペンギンたちは午前中いっぱいをかけてゆっくり、ネコ(一輪車)が入るルートを土嚢などで作った。

ゆっくりお昼ご飯を食べ、いよいよミキサー車が到着する。

で、でかい・・・

第2ペンギンは思わずミキサー車を見上げた。

ごうんごうんと音を立てて生コンクリートがかき混ぜられ続けている。

ペンギンたちは打設に向けてスタンバイをした。

第2ペンギンはネコにコンクリートを満載し、ミキサー車と工房を運ぶ役。

お絵かきペンギンは平らにならす役である。

もう、何十往復したか分からないくらい生コンクリートを運んだところ、なんとか床いっぱいにコンクリートを敷き詰めることができた。

もしかしたら何百往復かもしれない。

ミキサー車にお礼を言って、ペンギンたちはコテでならす作業を始めた↑↑↑

ペンギンたちは案外重たいので、沈まないように板を敷いての作業である。

そんなことをしている間に日が暮れ始めた!

生コンクリートを平らに、そしてつやつやにするためには何度もコテでならしてあげなくてはいけない。

ミキサー車の予約を午後にしてしまったばかりに真夜中まで作業することになってしまった・・・。

晩御飯を食べ、深夜12時くらいに最後と慣らし作業をする。

まだあまり乾いていないが、もう眠いのでしようがない。

「これでだめならあきらめる!」

第2ペンギンは投げやりに叫んだ。

あとは数日後、コンクリートが固まってからのお楽しみだ。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

下宿 第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」下宿を冠したレトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。