【浅間温泉の紹介】シェアハウスに住む第2ペンギンは毎日温泉に入っているという話【@松本市】

◎松本市浅間温泉の湯仲間

松本市浅間温泉にある下宿を冠したシェアハウス「第2ペンギン荘」にはお風呂が無い

これは第2ペンギン荘に限ったことではなく、浅間温泉では結構ふつうのことなのである。

浅間温泉は毎分約1500リットルの温泉が湧出している。

これは東の横綱草津温泉の毎分32,300リットル、西の横綱別府温泉83,400リットル/分と比べると微々たる量であるが、温泉街に建ち並ぶ旅館や、湯仲間に温泉を分配するには十分である。

第2ペンギンは第2ペンギン荘を始めたときに、下宿に一番近い「御座の湯(横手の湯)」の湯仲間に入れてもらったのである。

湯仲間とは浅間温泉の住民に管理されている”住民だけが入れる”共同浴場のことである。誰でも入れる銭湯のような公衆浴場とはちょっと違う。

家のお風呂が無い代わりに、地域で一つのお風呂を持っているといった感じである。

◎第2ペンギン、温泉三昧♪

浅間温泉に住んでいる第2ペンギンは毎日温泉三昧である。

日本には約3000箇所の温泉地があると言うが、湧出量も歴史も様々なので、どこでも湯仲間があるわけではない。

湯仲間が無い温泉地にたとえ住んでいたとしても、温泉に行くには毎回お金を払ったりしなければいけないわけで、“ちょっと離れた”家のお風呂に入りに行く・・・という感覚ではないだろう。

そう考えると、第2ペンギンは大変贅沢なことをさせてもらっていると感じた。

掃除の時間を除いては、湯仲間の浴槽はいつでも新鮮なかけ流しのお湯がいつも張られているのである。

第2ペンギンは松本市よりもっと南極に近いところ出身で温泉には縁がない暮らしをしていたが、浅間温泉に来て毎日温泉に入るようになった。

もはや温泉ペンギンである。

そんな毎日温泉に入れるのに、浅間温泉は松本の中心市街地へのアクセスも良いのだ。

「う・・・う・・・う・・・すばらしい!!」

湯船に体をうずめながら第2ペンギン言った。

そして、あるはずもないカメラに向かって

「良かったら、一緒に住みませんか?長野県は松本市、浅間温泉!浅間温泉のシェアハウス『第2ペンギン』に!!」

と叫んだ。

第2ペンギンは松本市浅間温泉の下宿を冠したシェアハウス「第2ペンギン荘」に住んでいる。

宣伝することも忘れないエラいペンギンなのであった。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

下宿 第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」下宿を冠したレトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。