第2ペンギンは来秋を楽しみにする

柿の木はよく伸びるからたくさん切ってやるといいらしい。

そうすると次の年、新しい枝に柿の木がたくさん生るのだという。

第2ペンギン荘には柿の木が1本ある。

前の持ち主に聞いたところによると実(み)は結構美味しいらしい。葉っぱだって乾かせばお茶になる。

来秋が楽しみだ。

昔の人は大きくない庭でもいろいろ季節ごとの樹木が植えられていて四季を楽しめるようにしている。

ペンギンの庭も、椿、柿、紫陽花、柊、南天なんかが植わっている。

数年空き家だったので、ツタ植物に巻きつかれだいぶ弱っていたけれど。

素人だけれども、とりあえずツタをとってやり、密集した枝を整理して少しは元気にしてやりたいと思っている。