【シェアハウスの庭、ほぼ完成!!】庭のビフォーアフター【@松本市浅間温泉】

◎第2ペンギン荘の庭、だいぶきれいになりました!

少しづつきれいにしているので、すでに最初から庭もこんな感じがしていたような気がしていますが、ふと思い立ち前に撮った写真と比較してみました。

第2ペンギン荘は長野県松本市にある元・置屋(芸妓さんが住んでいた下宿のこと)を使った下宿を冠したシェアハウスです。

2020年の春のオープンに向けて奮闘中です。

素人施工なので煉瓦はガタガタですが、そうは言ってもきれいになったと自分をほめてやりたい。そして誰でもいいからほめてもらいたい。。。

ということでビフォーアフターです。

◆Before

夏は歩けば転ぶくらいのツタが地面を縦横に走り、秋になればやたら種が引っ付いてくる植物だらけに。冬はトクサなる和風庭園にちょこんとあればおしゃれなツクシの仲間の草が跋扈する…。美味しい実がなるという柿の木もつるに締め殺されそうに。。

◆After

柿の木と桜の木、椿(2本)など和の樹々を残しつつ、下宿に必要な自転車置き場(画像奥)、洗濯機、外流しを配置。さらに外壁のクリーム色に合わせるという盛りだくさんの要素を詰め込むためにナチュラル系のイングリッシュガーデン(?)なら全部包み込んでくれそう…と言う安易な考えで煉瓦敷きに。

◆Before​

雑草に隠れて成長の早そうな木が1~2mくらいの高さで何本も生えている。そしてそれにツタが何本も複雑に巻き付くという…。

◆After

既存の外流し(人工大理石)は土台が腐っていたので撤去。手前の雑草に隠れているツツジと榊も長年の放置で樹形がぐちゃぐちゃになっていたため伐採。南天はなんとか残せました。

巨大な排水スペースは取り外し可能なフタ(オイルステイン塗装)で覆う。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」レトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。