【シェアハウスDIY】第2ペンギンは土間の天井を張る【@松本市浅間温泉】

◎土間の修繕も終わりが見えてきました!

第2ペンギンとお絵かきペンギンは長野県松本市の温泉街・浅間温泉にあるシェアハウス「第2ペンギン荘」にてこそこそと蠢いている。

2019年秋~2020年夏までの第1期修繕工事の疲れが癒えたので、2021年正月明けから第2期修繕工事を行っているのである。

第2ペンギン荘は温泉文化が色濃く残る建物で、元・置屋さんだった建物だ。

置屋さんは芸者さんが住んでいた下宿、兼、飲み会の場に呼ばれて赴くまでの詰所・待合所みたいな施設である。

浅間温泉にも昔は30人以上の芸者さんが住んでいたらしいが、今はそんな文化も廃れてしまった。

でも、建物的にはそのまま残り、今や貴重な存在のため、同じく置屋さんとしては復活させることはできないが、「芸者さんの下宿」の「下宿」というところだけ取り上げて、シェアハウスとして再利用しているのである。

と、いうわけで第2期修繕DIY工事は「土間のお部屋化」「腐った部屋の倉庫化」「腐った小屋の腐ってない化」を主に目的としている。

小屋の修繕は先日終わって、今は土間のDIYを推し進めているのである。

先日、どうにかこうにか土間の内壁を張り終えることができたので、苦手意識のある天井工事に取り掛かった。

第2ペンギン的には重力に逆らいまくっている天井に何かを張り付けるというのは神業だと思っている。

壁でも床でも、ただでさえキレイに施工するの難しいのに、天井になると重力も加わるのである。

結果、↑↑↑である。

まあ、ぼこぼこだ。

でも、断熱材を隠すことはできた。

今の第2ペンギンの技術ではこのくらいが限界である。

まあ、及第点と言ったところだろう。

第2ペンギンは自らを納得させた。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

下宿 第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」下宿を冠したレトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。