温泉ペンギンは書を寄贈する

「空もとべるはず ペンギン」

 

温泉ペンギンは昔、習字で賞をもらったことがある。

なので景気の良い言葉を描いて下宿に寄贈した。

これから住む人たちが飛躍できるように、そんな願いを込めて。

 

「空もとべるはず ペンギン」

 

ウィキペディアにこんなページを見つけた。

 

「空もとべるはず ペンギン」

 

こんな視点で見るとペンギンは翌檜(あすなろ)みたいだと温泉ペンギンは思った。

 

※翌檜(あすなろ)-檜(ひのき)に似ている木。似ているけれど檜じゃない。

参考:あすなろ物語(井上靖)