【シェアハウスの日常】第2ペンギン荘の目の前の太子堂では花桃が満開です。【@松本市浅間温泉】

シェアハウス「第2ペンギン荘」の目の前、太子堂は松本市の温泉街「浅間温泉」の北側の山の麓にあります。

浅間温泉の中でも旅館街からは離れていて、住宅が多いエリアになるので、あまり観光客の姿は見かけません。

が!!

春には花桃と桜が咲き乱れ松本の中心市街地も一望できる穴場なのです。

昔の地図を眺めてみると、このあたりに観光農園があったようで、その名残かもしれません。

太子堂の他に、延命地蔵のお堂にはいつでもきれいな花が生けられていたり、じっさばばさ石という通るカップルを別れさせるという不吉な石があったりします。

また、松本市街地だけでなく、浅間温泉の中でも小高い丘の上に建っている太子堂。

浅間温泉の街も一望できます。こうやって見ると↑↑↑右側(南東)に旅館が、左側(北西)に住宅が広がっているのが分かります。

第2ペンギン荘もお仲間の篶竹荘もこの昔からの住宅エリアにあります。

住宅エリアには湯仲間(住民だけが入れる共同浴場)が点在していて、昔から住む人たちは松本城の城主が温泉を守るために住まわせた一族の末裔になります。

そのため、浅間温泉の苗字はとても偏っていて、石川、滝沢、竹内などが非常に多いのが特徴。

・・・話がずれましたが、そんなわけで春になると素敵な景色が拝める太子堂。

浅間温泉、とくに第2ペンギン荘近くまでお立ち寄りの際は見に行ってみてください。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

下宿 第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」下宿を冠したレトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。