【シェアハウスDIY】ペンギンたちは工房の型枠を外す【@松本市浅間温泉】

◎型枠工事→手練りコンクリート打設→今日のDIY

ペンギンたちは今日という日をそれなりに楽しみにしていた。

先日行った型枠工事を取り外す日だからだ。

床のコンクリート打設は深夜にまで及んでしまったため、途中で手抜きをしたことでちょっと失敗してしまった。

表面がぼそぼそになってしまったのである。

それを2匹のペンギンは反省して、基礎フーチングの打設はつるつるにすることを目標としていた。

朝イチから打設して午後はずっと「つるつるになーれ」と呪文を唱えながらコテでならし続けたのである。

結果がこちら↑↑↑

ものすごくつるつるに仕上げることができた。

昔、泥団子を作ったような達成感である。

今回の打設に当たっては面取りもちゃんと行っている。

第2ペンギンは初めての型枠工事だったので不安がっていたが結果オーライだ。

また、工房北面の型枠が取れたので、続けて東面のコンクリートを打設する。

今度はかなり少量なので残工事といった感じだ。

松本市浅間温泉は街全体が斜面にある温泉街である。

よって第2ペンギンも少し傾斜に建っている建物だ。

床を上げてフローリングや畳にしてしまえばさすがに平らにできる程度の斜面だが、土間となると如実に傾斜が現れてしまう。

でも、室内は平らにしないといけないから、端っこの部分にどうしても色んな段差が出てきちゃうのだ。

ということで工房の床の高さは全部で4種類ある。

まあ、土地柄なので仕方がない。

重ねて基礎の劣化した部分がこれ以上侵食されないようにモルタルを塗ってきれいにした。

こちらはお絵かきペンギンの功績である。

お絵かきペンギンはお絵かきするからか、塗装とか左官とか薄く延ばす作業がうまい。

第2ペンギンはおおざっぱであるが、大きなものをどかっと作るのがうまい。

適材適所というやつだ。

工房の工事もあとは塗装工事といったところまでたどり着いた。

本丸は土間の部屋化工事である。

本丸なので、一番技術の上がった最後にとってあるわけだが、数カ月に及ぶDIY工事で疲労は一番MAXのときにやることになる。

「気を抜かないようにやろう!」

2匹のペンギンは固く手(羽)を握り合った。

◎◎第2ペンギン荘とその他のブログについて。◎◎

下宿 第2ペンギン荘は長野県松本市にある温泉街「浅間温泉」下宿を冠したレトロなシェアハウスです。

元々は浅間温泉に最盛期で30人以上いたという芸妓さんが住んでいる下宿(置屋)のひとつだった建物ですが、2020年春に改修をしてシェアハウスとしてオープンしました。

浅間温泉は街にも近いのに毎日温泉に入れるという松本市内でもほかにない贅沢な暮らしができる地域です。

そんな浅間温泉での日常を中心に、第2ペンギン荘のブログでは移住全般やシェアハウスでの暮らしについてなど松本に移住したくなるような、松本のふだんの暮らしが分かるようなブログを書いていこうと思っています。

それ以外にも同じく浅間温泉にある下宿「篶竹荘」やその元である合同会社SumSumでもブログを書いています。

大半を同じ人が書いているので、隠しきれない個性はそのままに、ちょっと違う書き方で「日常」について書いています。

あわせて読んでいただけると、(ほぼ)一個人の目線ではありますが、より長野県や松本での暮らしが立体的に知っていただけると思います。

良かったらのぞいてみてください。

篶竹荘「ブログ

「ぽん」のInstagramをもとに「より詳しい」日常、ふだんの暮らしを中心に投稿します。

→元下宿のシェアハウス「篶竹荘」を例にとって一般的なシェアハウスのお話や、長野県・松本への移住とかのお話もたまに真面目に書いてみてます。

第2ペンギン荘「お知らせ・ブログ

→第2ペンギン荘のマスコット「第2ペンギン」がいろいろやってみる”てい”で書いています。

→一番DIYについて書いているかもしれません。

→落書きで描いた「第2ペンギン」が気に入りすぎてlineスタンプまで作ってしまいました。。

合同会社SumSumおしらせ・読み物

→もっともカタい文章を書いています。

もっとも時間をかけて書いているため、面白いかは別にして、もっとも読みごたえがあります。

→「快適なふつうの暮らし」「ちょっと楽しい日常」になるような変な視点からの記事を中心に書いています。

自分にとっての「快適な暮らし」を求めている人にとって何かのきっかけになったらいいなと思いで、大半が同意するような内容じゃないかもしれません。

Instagram第2ペンギン荘

第2ペンギン荘を中心とした日々の暮らしを

Instagramぽん(篶竹荘と第2ペンギン荘)

篶竹荘を中心とした日々の暮らしに加えて、”ぽん”の個人的な趣向もたまに載せ、ほとんどの人に賛同を得られない・・・ということもしばしば。。